爪水虫の塗り薬 爪白癬治療薬 人前素足 クリアネイルショット

爪水虫と爪白癬の違い

爪水虫と爪白癬

 

 

 

白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の一種が爪に感染、

 

寄生して発症する「爪水虫」。

 

正式な病名は、「爪白癬」(つめはくせん)です。

 

つまり、同じ意味ですね。

 

 

爪水虫はとても多くの方が発症しており、

 

日本では約1200万人が爪水虫にかかっていると言われています。

 

一度発症するとなかなか治りづらい病気です。

 

 

手に発症する場合もあります。

 

 

 

 

この白癬菌は

 

カビの一種であるため、高温多湿な場所を好みます。

 

特に温度15℃以上、湿度70%以上になると増殖力が活発になります

 

増殖力が活発になると皮膚(角質層)の奥へと侵入していき、

 

さらに増殖して爪水虫・爪白癬が発症します。

 

特に靴の中は湿度が非常に高いため、繁殖しやすいと言われています。

 

 

 

日頃の対処法は?

 

靴を長時間履き続けていると湿度が非常に高くなり、

 

水虫の原因である白癬菌が増殖しやすくなるので、できるだけ長時間

 

履かないか、通気の良い靴を選ぶようにしましょう。

 

デスクワークの方は会社でサンダルに履き替えるのがいいでしょう。

 

 

また、靴は1日でかなり湿った状態になるので、

 

脱いだら乾燥材や外気に触れさせて乾燥させましょう。

 

新聞紙を靴の中に入れて一晩置くのも効果的ですよ。

 

 

 

お風呂に毎日入る

 

お風呂に入って足を毎日丁寧に洗いましょう。

 

水虫の予防だけでなく二次感染を防ぐことにもつながります。

 

お風呂場の足ふきマットには多くの白癬菌が付着しているので、

 

再度タオルで足を丁寧に拭きましょう。

 

このタオルは、家族に使わせないで、すぐに洗濯機の中へ。

 

 

また足拭きマット自体も頻繁に洗うか、

 

通気の良いところに干しましょう。

 

 

水回りも、足回りも湿度は危険ってことですね。

 

 

 

周囲の人への悪影響を考えると、できる限り爪水虫は

 

早めに治療することが大事ということです。

 

 

 

 

 

 

 

PR


ホーム RSS購読 サイトマップ